2021.03.08

新型コロナウイルス感染症発生時の初動対応訓練

老人福祉施設でのクラスター発生が何件も公表されていますが、発症後の課題としてあげられているのが“初期対応”です。「発生の第一報」が入り、私たち職員は実際にどのように行動するのか、その手順を確認しておく必要があります。今回の訓練はご利用者の感染が疑われることを過程して開始しました。保健所の指示が入るまでの動きを机上訓練でまず確認し、ゾーニングや職員の同線確認を行ないました。実際にフェイスシールドをつけたことがない職員も多数おり、防護服の着脱確認も行ないました。来月以降も繰り返し訓練を行ない、万が一の際によりスムーズな初動対応が行えるようにしていきます。

採用情報はこちら

IMG_0291.jpg (1,098KB)
IMG_0278[1].JPG (1,780KB)