2014.01.15

お知らせ

肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ

 肺炎は日本人の死因の第4位で、65歳以上では年間約10万人が肺炎が原因で亡くなっています。肺炎の原因となる細菌にはさまざまなものがありますが、高齢者の肺炎の原因で最も多く、重症化しやすいのが肺炎球菌です。

予防接種の効果がどれくらい持続するかには個人差がありますが、健康成人であれば通常5年程度は有効と考えられています。
接種を希望される皆様は、事前にご連絡ください。また、毎月第2木曜日は午後3時30分~午後6時まで診療しています。